猫背を治してきなさい

ブログ引越しに伴い、しばらく過去の記事をコピーです。

【過去記事】2008年4月21日

先週の月曜日に来院されたKさん。
バレエをしています。

そのバレエ教室で先生に
「猫背を治してきなさい!」と、言われてきました。

早速検査をしましたが、どこから見ても猫背ではない
むしろ、姿勢は良いほうでした。
では、どこに問題が???

原因は首だったんです。
ストレートネックで、顔を前に突き出してるような感じで、
それで先生は猫背だと思ったようです。

実際壁を背に立ってもらうと、
お尻や背中は壁に着くものの、頭だけ前に。

話しを伺うと、
日常生活の中で顔を前に出すような姿勢が多かったとのこと。

施術では、やはり首周辺を入念に。
特に首の前側の筋肉を十分に緩め、頚椎の角度を正しくつけました。

すると・・・、
施術前に壁に着かなかった後頭部が難なく着くように。
これにはKさんもかなり驚かれていました。

そして1週間後の今日、再び来院。
施術前にやはり壁を背にして立ってもらいました。

結果は前回終了時とほぼ同じ、良い状態。
良かったねKさん。

「今日の午後、レッスンに行くのが楽しみです。」
と、とても嬉しそうでした。

【ストレートネック】
背骨には本来、自然な湾曲があります。(生理湾曲)
この湾曲のおかげで、足元からの衝撃や上からの重みを分散させることができます。

しかしこの湾曲が無いことで、
頭痛・肩こり・腰痛・膝痛などを引き起こすことも多くあります。

パソコンでの作業で画面とニラメッコを続けていると、
ストレートネックの危険度が大幅にアップしてしまいます。

また最近では、子供のストレートネックも非常に増えています。
そう、ゲームのやりすぎです。

大人も子供も十分に気をつけましょう。

●首の不調は全身に影響を及ぼします。早めにご相談ください●
千葉市中央区の整体院
からだ回復センター千葉


043-202-3238

  • このエントリーをはてなブックマークに追加