顎関節症で思うこと

ブログ引越しに伴い、しばらく過去の記事をコピーです。

【過去記事】2008年5月12日

週末ですね。
今週1週間も(といっても4日しかやってませんが)
様々な不調を抱えた方が当センターに来ました。

その中で目立ったのが、
若い方の顎関節症でした。

わずか4日間で3人。
それも全員20代でした。

口を開けるときにガクッとなる、
口が大きく開けられない、辛い症状です。

顎関節症の原因も様々ですが、
体の歪みと首や顎周辺の筋肉の緊張などがあります。

その中で3人中2人が食事中にテレビを見ている、
という事実がありました。

それもテレビが正面に無く、
体を斜めにしながら食事をする、と。

試してください
正面を向いて口を動かすのと、
首を左右どちらかに捻って口を動かすの。

たったこれだけのことで、噛み合わせが変わってしまうんです。
これを毎日続けていると、筋肉が変な発達をしてしまい、
結果として症状が現れることがあります。

食事のときは家族と話しをしながら、
これが一番ですね。

●顎関節症でお悩みの方、マウスピースをする前にご相談ください●
千葉県千葉市の整体院
からだ回復センター千葉


043-202-3238

  • このエントリーをはてなブックマークに追加