リウマチのサプリメントにヨクイニン(ハトムギ)

ヨクイニン(ハトムギ)がリウマチに?って思いますよね。

ヨクイニン(ハトムギ)って聞くと、イボ取りや美肌効果を想像される方が多いです。

hatomugi

 

たしかに、漢方薬として、昔からイボ取りや美肌に効果的と言われていますが、

そもそもなぜイボに対してヨクイニン(ハトムギ)が良いんでしょう?

 

ヨクイニン(ハトムギ)には、体内の水分の代謝を良くする効果があるため、

新陳代謝が活発になり、皮膚(肌)トラブルに有効なんです。

 

ではなぜそれがリウマチに?

 

リウマチの痛みは関節に溜まった水分のせい

東洋医学では、リウマチは「痺症」に属しており、

「痺」は通じていないという意味。

通りが悪くなっていることが原因の症状ということです。

 

リウマチ、関節が腫れますよね。

これが痛みの原因です。

腫れがなくても痛いとか、関節の破壊があって痛いとかもありますが、

これはまた別の機会に話します。

 

たとえば、この関節の腫れ。

いろいろな要因で増減しますよね。

 

一番顕著に出るのが、気圧の変化や動かしすぎ。

低気圧が近づいてくる → 腫れて痛くなる。

動かしすぎた → 翌日腫れて痛くなる。

これ、よく分かると思います。

 

その逆で、腫れが引くと痛みも軽減しませんか?

高気圧で安定している → 腫れもなく痛みが少ない

お風呂に入ってるとき → 腫れが引いて痛みが軽減

そうですよね。

 

「毎日気圧が安定してていい天気ならな~」

私も妻のリウマチがひどいとき思ってました。

 

それからお風呂。

水圧がかかってますよね。

これって高気圧の状態みたいなものです。

当然温まってるから楽っていうのもありますけどね。

A302_041

 

でも、天気はコントロールできないし、

お風呂だってずっと入ってるわけにはいかないです。

 

自分でこの腫れをなんとかしていかなくてはいけないわけで、

それには、体の水分の代謝を上げていくしかないんです。

 

水はけの良い体作り

リウマチは痺症(通りが悪い)という話をしました。

それで痛むのだったら、通りを良くする必要があります。

 

水分代謝を良くする。

それもリウマチの痛みをなくしていき、

本当にリウマチを良くしていくために必要なことです。

 

そこで行き着いたのが、ヨクイニン(ハトムギ)だったんです。

 

ヨクイニン(ハトムギ)には他にも良い作用があって、

カゼなどのウィルス感染の治療にも効果を発揮しています。

 

咳などを鎮める効果もあり、特にカゼの引き始めなどには抜群です。

 

リウマチで免疫低下していると、カゼ引きやすいですよね。

そして長引く・・・。

下手したら肺炎にまで及んでしまうケースもあります。

 

そのリスクを下げるヨクイニン(ハトムギ)。

リウマチを良くしていくには欠かせない素材です。

 

◇====================◆

リウマチ専門治療院 からだ回復センター千葉

リウマチ回復サプリメント【レミストア】

近所で施術が受けられる リウマチ回復ネット

◆====================◇

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加