あごの痛み【リウマチ】

盲点っていうわけじゃないんですが、

リウマチで「あごが痛い」「口が開けにくい」という方多いです。

A306_074

リウマチでもそうじゃない方でも、このあごや口の症状が出ている場合、

ほとんどの方が首に大きな原因があることが多いです。

 

あごの痛みの原因は?

首でも、胸鎖乳突筋という筋肉がかなり影響を及ぼします。

胸鎖乳突筋は、耳の後ろから鎖骨にかけてついている筋肉です。

 

IMG_0500

「イーっ!」ってやると固くなるところです。

 

ただでさえ、頭は5~6キロと重いのに、

リウマチの痛みから猫背になり頭が前に出てしまうと、

首全体にものすごい負荷がかかります。

 

もちろん、この胸鎖乳突筋にも。

 

他にも、手の痛みなどをかばった動きをすることで、

左右の胸鎖乳突筋のバランスが崩れることもあります。

 

で、「あごが痛い」「口が開けにくい」ということになります。

なので、この症状に対しては、胸鎖乳突筋をゆるめてあげることが大切。

 

あごの痛みは首をゆるめる

耳の後ろから鎖骨にかけて手でさすってあげればいいんですが、

これが難しいのがリウマチ。

 

通常、こう考えませんか?

IMG_0508

でも・・・。

 

そうなんです。

手首や肘が痛んでいたり、関節の可動域が狭くなっていると、

これが出来ない。

 

ならば、こうすればいいんです。

IMG_0534

反対側の手でさすってあげればいいんです。

 

これなら写真にあるとおり、手首はほとんど曲げなくていいし、

肘も無茶な角度で曲げなくてすみます。

耳の後ろから鎖骨まで、少しずつ場所を変えながらさすってください。

 

この胸鎖乳突筋ですが、自律神経とも大きく関係しているので、

ここをゆるめてあげると、リラックス効果も高いので、

寝る前なんかにやっても効果大です。

 

首なので、くれぐれも強く押さないようにしてくださいね。

 

◇====================◆

リウマチ専門治療院 からだ回復センター千葉

リウマチ回復サプリメント【レミストア】

近所で施術が受けられる リウマチ回復ネット

◆====================◇

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加