リウマチ薬と肝機能

今日はリウマチ薬と肝機能の話。

 

抗リウマチ薬の副作用で気をつけなければいけないひとつに、肝機能障害があります。

気をつけるといっても、気をつけようがないんですが・・・。

 

だから、抗リウマチ薬を処方されると、一緒に葉酸が処方されますよね。

抗リウマチ薬の量が増えれば増えるほどリスクが高まるので、葉酸が処方される確率も高まります。

 

そうです。

葉酸が抗リウマチ薬の副作用である肝機能障害を防ぐ役割があるんです。

 

葉酸の摂取って難しいですよね。

肝機能障害などの副作用を抑えるために養蚕の摂取をしなければいけないですが、抗リウマチ薬と一緒に服用すると、抗リウマチ薬の効き目が悪くなる。

だから同じ日には飲まずに、少しずらして飲まなければいけない。

すでに飲んでいる人ならご存じのはず。

 

葉酸は何に含まれている?

食べ物では、

・ブロッコリー

・ほうれん草

・レバー

・枝豆などなど・・・。

 

では、これらは抗リウマチ薬を飲んだ日には食べてはいけないのか?

たしかに葉酸が含まれてはいますが、抗リウマチ薬の効果を落とすほど含まれているわけではありません。

なので、気にせずに食べて大丈夫です。

 

なぜこの葉酸について書いているのか?

たまたまこの内容にそった報告や相談があったんです。

 

抗リウマチ薬を飲んでいるが、レミストアを一緒に飲んでいいのか?

というのも、レミストアの原料には桑葉も使用しています。

 

そう、桑葉には葉酸が含まれているんです。

レミストアを飲んでいたら、抗リウマチ薬が効かなくなってしまうのではないかと心配になってお電話いただきました。

もちろんこれは想定の範囲です。

というより、レミストアで桑葉を使用している目的として、肝機能を正しくするというのがあります。

 

病院で処方される葉酸(フォリアミン)や、いわゆる葉酸サプリメントの場合はその目的が完全に葉酸の摂取ですので、大量の葉酸が入っています。

これに対してレミストアに含まれる葉酸の量というのは、上記の食べ物から摂取する程度の量ですので、気にしなくて大丈夫です。

今のところ、レミストアを飲み始めて、抗リウマチ薬の効きが悪くなったというご報告もいただいていません。

 

それでもどうしても心配という方は、抗リウマチ薬を飲む日はレミストアは飲まないでください。

それで心配事が一つ減るならいいと思います。

 

 

肝臓の数値バッチリ

昨年末からレミストアを飲み始めたAさん。

現在、少量の抗リウマチ薬を服用しています。

 

みなさん診察のとき、血液検査をしますよね。

Aさんもいつも通り血液検査をし、診察となりました。

(Aさんは大学病院に通院していて、血液検査の結果もその日の診察までに出ます)

 

そのときの担当医の第一声が、

「肝臓いいね~。」だったそうです。

 

炎症反応などはすでにほとんど出ていないAさん。

抗リウマチ薬も少量なので、葉酸は飲んでいません。

 

因果関係は分かりませんが、ここ数か月で肝臓の数値がものすごく良くなったそうです。

Aさん曰く、「レミストアしか思い当たらない」と。

 

地味というか、マイナーなご報告も嬉しいですね。

(結果報告といえば、ほとんどが痛みや腫れに関してなので)

 

レミストアを含め、サプリメントというのは、当然即効性はありません。

でも、続けることによって体質が変わっていきます。

 

リウマチを本当に良くしていくには、目の前の痛みを取ることも大切ですが、地道に体質改善していくことがやはり重要だなと感じたご報告でした。

 

秋冬に向けてなんとかしたい!という方はコチラから

秋冬に向けてなんとかしたい!という方はコチラから

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加