Dさん、施術記録②

ブログ引越しに伴い、しばらく過去の記事をコピーです。

【過去記事】2010年2月9日

 

 

Dさんの施術記録第2弾です。

悩みの種の左手首ですが、レントゲンを撮ってきてくれました。

t01400106_0140010610826289697

左手を手のひら側から映したものです。

手根部(手首とひらの間ですね)の骨がだいぶ壊れてしまってます。
医師はこれを見て、良いことは言わなかったそうです。

それはそうです。
本来の形から変わってしまっているんですから。

確かに、壊れてしまったものを元に戻すのは難しいです。
でも、Dさんはこれからもこの手を使うんです。
だから必死に私にところにも通われてる。
少しでも何とかしたいじゃないですか。

例えば、割れてしまったガラスのコップ。
これを綺麗に元通りにするのは無理かもしれない。
でも、コップはこれ一つしかない。
他に水を飲む手段が無ければ、どうにかして水を汲む方法を考えないと。
このコップを使って。

当初、全く動かなかった手首がバキバキいいながら動くようになり、
今では、そのバキバキ音もしないほど滑らかにひねることが出来ます。
今日なんか、待合で普通に本のページをめくってました。

化粧水を手のひらに出そうとすると、
相当無理をしないとみんなこぼれてしまっていたのが、
ほとんどこぼさずに出せるようになったと、喜んでます。

手首の前後の動き(底屈と背屈)は、少しずつですが、
動きが出来てきました。

100%元の動きが取り戻せるかは分かりません。
でも、今の骨の状態での100%を目指してDさんはがんばってます。

次は手に何をのせましょうかね?

●まだまだいきますよ~!●
千葉市中央区の整体院 からだ回復センター千葉

 

リウマチ回復のプロ集団 リウマチ回復ネット


043-202-3238

  • このエントリーをはてなブックマークに追加