インフルエンザが流行っています

冬場、さまざまな風邪菌やインフルエンザ、ノロウイルス、ロタウイルスなど流行ってきます。
リウマチで免疫力が低下している体で、これらに感染すると重い症状が出る可能性があります。
手洗いうがいという当たり前の予防策がもっとも大事ですが、流行る時期はさらに気をつけましょう。

 

今や、病院の待合や公共施設はもちろん、どこの入り口にも置かれているアレ。
アルコール消毒のポンプです。

一度は使ったことのある方から、見かけるたびに使う方、家にも常備している方までさまざまだと思います。

 

アルコール消毒、たしかにインフルエンザウイルスには有効です。
外出先なんかではとっても便利ですね。
見かけたらプシュプシュってするといいです。
もし家にも置いてあるなら、石鹸で手を洗ってから使う方が効果的なので、順番間違えないようにしてください。

 

と、ここまではインフルエンザの話なんですが、ここからはノロやロタ。

 

アルコールでインフルエンザウイルスは倒せますが、ノロやロタは倒せないんです。
理由はここでは省きますが、構造上の問題です。

 

ではノロやロタは何で対処をするかといえば、次亜塩素酸ナトリウムです。
身近なものでは、ハイターがそうです。
ノロやロタを倒すにはこれです。

 

しかし、ハイターを手にプシュプシュなんて出来ません。
皮膚がボロボロになってしまいますから。
(もちろん希釈してテーブルを拭いたりするのは大丈夫ですよ)

 

そこで有効なのが、食品添加物の指定を受けている次亜塩素酸ナトリウム。
これはハイターとは全くの別物。
「次亜塩素酸ナトリウム 食品添加物」で検索すると商品が出てきます。
反応後は水と塩になるので安全とされています。

 

もちろん濃度の問題もありますので、製品の注意事項をしっかり守って希釈し、用法を守って使ってくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加