発汗作用のある食べ物はリウマチに良い?

今日、施術をしていて患者さんとスパイスの話になりました。
「体を温めるために、唐辛子・しょうが・にんにくを積極的に摂るようにしている」と・・・。

 

どれも食べると体が温かくなりますが、では、この3つともがリウマチに良いかというと微妙です。

 

この3つを発汗ということでは、「唐辛子」「しょうが・にんにく」に分けられます。

 

どれも発汗作用はあるのですが、その出方が違います。

 

唐辛子は、食べたそばから汗が噴き出してきます。
それに対して、しょうがやにんにくは、ポカポカしてくる感じ。

 

体が熱くなると出るのが汗です。
これはつまり、汗で体を冷やすという現象なのです。

 

ということは、唐辛子は「体を冷やす」ということ。
リウマチにとって良いか悪いかはお分かりですね。
汗が噴き出すほど食べるのは良くないということです。

 

逆にしょうがやにんにくは、体を温めてくれます。
積極的に摂って良いです。

 

いかがでしょう?
「辛いもの好き」な方にはちょっと酷な話かもしれませんが、参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加