段差や階段の下りだけ膝や足首が痛い

家の中だけに限らず、あらゆるところにある「段差や階段」
膝や足首が痛くて、この段差や階段がつらいという方、とても多いです。

 

そして、その中でも特に「下り」の方が痛むという方の方が多いです。
これは、ひと言で言ってしまえば、下りの方が関節に負荷がかかるからなのです。

 

当センターに施術に来る方でも、炎症や痛みがひどく「上りも下りも」つらいという方でも、施術をしていると、まずは「上り」から楽になる方が多いです。

 

しかし、上れば下らなくてはいけない・・。
そこで痛みを堪えて下りてくるのはとてもつらい。

 

そんな方に、楽に階段を下りてくる方法をひとつ。

 

「後ろ向きで下りる」

 

難しい説明はしませんが、後ろ向きで下りる方が関節への負担が少ないため、痛みも少ないです。
しかし、転倒のリスクも大きいため、必ず手すりにつかまりながらにしてください。

 

大切な事なのでもう一度言います。
「後ろ向きで階段を下りるときは、必ず手すりにつかまって!」

 

階段の下りがつらいから、家の二階に上がることをあきらめてしまっている・・・。
そんな方は試してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加