国によって治療法が違いますね

ふだんアメリカに住んでいる患者さん(Mさん)。
日本に帰国するたびに施術にいらしています。

 

アメリカ在住ですから、リウマチの治療も当然アメリカ。
日本とアメリカでは使える薬の量や種類もだいぶ違います。

 

「ハイドロキシクロロキン」
聞いたことありますか?

 

これ、抗マラリア薬なんですが、SLE(全身性エリテマトーデス)やリウマチにも有効とされており、海外では使用されています。
Mさんも使っているそうです。
でも、日本では「網膜症をおこす可能性が高い」ということで使われていません。

 

欧米では承認されても、なかなか日本では承認されない薬もあれば、日本で開発されてその後、世界に広がる薬もある。
いずれにしろ、効果的な薬や治療方法がどんどん広がればいいですね。

関連記事

  1. 減薬、よかったね!

  2. リウマチで妊娠・出産【1ヶ月】

  3. 料理ってやっぱり負担・・・?

  4. リウマチ自己療法講座開催のお知らせ

  5. 産後のリウマチ発症多いです

  6. リウマチで膝が痛い

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA