自己療法講座開催しました

5月12日、自己療法講座を開催しました。
遠くは、仙台からご参加いただいた方も。

 

発症してからの年月も、現在の治療に関しても、みなさんそれぞれ。

 

・薬を飲んでいる方、飲んでいない方
・整体などのケアをしている方、まったくしていない方
症状もみなさんそれぞれでした。

 

しかし、みなさんに共通すること。
それが、体の歪みや、柔軟性の無さ。

 

体の歪みが大きかったり、筋肉がかたいと、それだけで関節の可動域はせまくなってしまいます。
そこで、関節に直接関係ないだろうと思われがちですが、背中をゆるめました。

 

背骨の両脇、脊柱起立筋。
(分からない方は検索してみてください)

 

ここは自分の手ではどうにもならない場所です。
そんなときに活躍するのが、「ストレッチポール」

 

ポールの上に仰向けに横になり、ゆっくり左右に体をゆするだけで、かなりゆるみます。
そして、体の歪みもそろっていきます。

 

こうすることで、
・腕の挙がり方
・肩や首の痛み
・歩く時の歩幅
・股関節の痛みなど
大きく改善します。

 

参加者の中には、腕を上げるときの痛みがなくなった方もいたほどです。

 

大きいスポーツ用品店で数千円で購入できます。
また、youtubeなどで使い方の動画もたくさん出ています。

 

ぜひトライしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 運動療法、必要なんですって!

  2. リウマチのサプリメントに桑葉

  3. 【受付開始】リウマチ自己療法講座を開催します

  4. リウマチサプリメント【レミストア】の感想②

  5. 風邪をひいているときのリウマチ

  6. リウマチと体の歪み

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA