血液検査で抗CCP抗体って毎回検査しないんですか?

病院に診察に行くたびに行う血液検査。
いろいろな検査項目がありますね。

 

今日はそんな中でも、「抗CCP抗体」について。
先日、発症から半年ほどの方から、「CRPやRFは毎回検査するのに、抗CCP抗体は最初だけだったんです」と言われました。

 

抗CCP抗体とはリウマチ発症初期から血中に出てくるので、主に早期の診断に使われることが多いのです。
平たく言うと、早期でリウマチの疑いがある場合、〇×に使っているのです。

 

もちろん、発症後もその数値が治療方針の一つの判断材料になることもありますが、CRPやRF、血沈のように毎回検査するものではないということ。
「毎回調べてくれないなんて、ひょっとして手抜き?」なんて思わないでください。

関連記事

  1. リウマチで妊娠・出産【1ヶ月】

  2. クロックスRxインソール 発送します!

  3. リウマチによる足首の痛み

  4. アンケートのお願い

  5. リウマチで膝が痛く、階段の下りが怖い

  6. リウマチで手が痛いけど、パソコン使う時間が長い

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA